情報発信力強化

野田市民が体験を通じて情報発信の楽しさ、
必要性と"真"の発信方法を学ぶことが目的。
HOME > 情報発信力強化

情報発信力強化のために

情報発信に触れ、体験し、そして正しい知識を学ぶことが重要です。
たくさんの情報発信の場やメディアに慣れること、私たち大人が、その機会を与える努力をし、子ども達が活き活きと経験を積んでいくことが大切です。
例えば有名スポーツ選手は、繰り返す失敗を乗り越えることで成績を勝ち取ります。
また、国家資格を取る勉強や志望校を受験する場合に勝利するためには、想定される合格点をクリアするために違回答の間違いを理解し正解に導く、積み重ねの努力が必要です。
情報発信も同じです。
どんな行為でも最初から成功するほど簡単ではなく、失敗を繰り返して正解に導く努力が必要です。
失敗を乗り越える経験は、社会人になった時の自ら問題を解決する能力がある人は、必ず成功を勝ち取る人になれる可能性を持ちます。
子ども達が将来、職場のリーダーや管理職、経営者などになった時に組織を動かす立場で成功できるか否かも同じです。
成功だけの経験は「PDCA」のPDだけしか理解できませんので、失敗を成功に導くCAを普通に実行できる成功者になるためには、失敗から学び、成功へと導く能力が重要です。
応用力のある人は「失敗を分析し成功に導くことができる人」です。
野田市の未来を担う「子ども達」には、失敗を分析し成功に導く能力を持つ「生きる力」を会得していただきたいと考えています。

そして、恐れずに挑戦!

未来の野田を担う子ども達のために

子ども達と大人達の両方に共通して
情報発信の場に慣れることから始め
その先に皆んなが自ら発信する人になる
・・・
そんなステップを踏んで地道に推進する
ことが、とても大切と考えています。

先ずは、情報発信力強化で成果をあげるための必須条件をご理解ください。
変革をしたい、もっと成果を出したいという方には以下は必見です。

非常識という常識とは?

業界が違えば常識は非常識になります。
例えば料理人の知識・専門用語とプログラマーのものは異なります。
逆も当然異なります。

つまり、業種が違えば知識・専門用語が異なり常識も異なります。
また、どんな業界でも時代が変われば常識と非常識は変化します。

何歳になっても”違い”を学ぶこと
その簡単な意識があれば、必ず壁は壁でなくなります。
ただ、壁を乗り越えるには常識を乗り越える意識と努力が必要です。

野田の子ども達の未来のために皆んなで壁を打ち破りませんか?
そうすれば、野田の未来は明るいと思います。

変革は、自身や組織が持つ常識という壁をなくすことです。
そうすれば、業種の違いや時代の変遷による新たな常識が見えてきます。

情報発信における非常識

WEBサイト評価の非常識とは?

結論から申しますと「アクセスカウンターのアクセス数で評価」することは間違いです。
過去(十数年前位前)に、大量のアルバイトを雇ったり、自動プログラムで大量のアクセスを稼ぎ報酬を得るというビジネスが多発したことがありました。
検索サイトは、そのような不正行為を排除するために、アクセス数での単純評価ではなく、投稿された記事に閲覧者の滞在時間で評価する方式に変更しています。
この評価方法は動画だけではなく投稿記事にも適用されています。
※例えば、1分程度以下の閲覧滞在時間(ページ単位)だと、その投稿自体の魅力がないため、閲覧者が長く滞在しないと言うことを意味しています。 ※1枚の写真+数行から数十行の記事だけの投稿や一方的な発表記事等は評価が低くなる傾向があります。

WEBサイトの投稿をする目的は、外部の沢山の人たちに見ていただくためのはずです。
認知度が低い、または訪問者が少ないWEBサイトでは、投稿者・関係者の内容確認などのアクセスで、数十~数百件のアクセス数が発生することは良くあることです。
外部の人たちに見て頂いたという数値が欲しいならば、投稿者と関係者のアクセスを除いた正確な数値を把握することが重要です。
多くのWEBサイトが会員登録をしたり、訪問者のクッキーを取得している理由は、訪問者を身内と外部訪問者を区別するためにもデータ利用しています。
例えば、投稿者は「投稿者権限」、関係者は「関係者」として会員登録しているのは、それらの権限設定のためだけではありません。

検索サイトは、WEBサイトへのアクセスの評価として、訪問者がどんな時間帯に、どんなキーワードで訪問し、どこから来て、どこに行ったか、そして どんなページを、どのくらい滞在時間で閲覧したか?等のWEBサイトでの動向を含めたデータを見ていて、そのデータを総合評価したうえで、WEBサイトの評価をしています。
特に、「平均セッション時間(滞在時間)」は重要な要素です。
結論から申しますと「WEBサイトの視聴率調査」は可能です。
視聴率調査は可能と言うよりも、それはIT業界では常識であり、そのデータ分析力があるので、販売サイトへの訪問者の情報や行動をすべて把握している、あたかも実際の店舗で対面のサポートをしているかの如く、一度訪問されたら必ず買って頂くという戦略ができるため、その仕組みを熟知している「ぽっと出のIT企業」が数年で上場すると言うことが起きています。
広報やネット販売などの業務目的の場合は上記に加えて、訪問者がどんな記事・商品をどれだけ長い時間滞在して真剣にみていたか?
どのページから来て、どこへ行ったか?ひょっとして競合サイトへ飛んでいないか?、WEBサイトの留まってくれた場合は、サイト内で、どんな行動をとったか? など、訪問者がどれだけ真剣に閲覧し、どんな記事・商品を見ていたか? 商品を見た人の内、何人が購入ページまで行って、そのうち何人が購入してくれたか? なども詳細に把握しています。

ネット広報はSNSだけでOK?

結論から申しますと「SNSだけで充分」は間違いです。

Googleが直接「直接的なSEO効果はない。」と公式に答えています。
さらに
「SNSのほとんどはnofloowをシェアリンクにつけるようになっている。そのため、検索サイトの順位上昇効果は望めない。SNS投稿が多いと検索順位が上がった、という例を見たことがある、と言う人もいるかもしれないが、それらは元がよかったんだ。SNSシェアがついていたかどうかは関係がないはずだ。」
と答えています。
※nofloowとは、「検索エンジンを検索させない」という設定のことです。検索させない訳なので、検索エンジンのクロールでSEO効果は出ないわけです。Facebookなどので頑張っても検索上位にならないのは、nofloow設定が理由です。
結論から申しますと「SNSのシェアやツイートにSEO効果」は期待できません。
理由は前記の通り、nofloow設定が理由です。
しかし、SNSはまったく意味がないということではありません。
SNSの特徴はコミュニティの強さ(フォローや”いいね”など)にあり、その仕組みにより、アップした情報の拡散能力が強力なことがポイントです。
フォロワー数が数千以上、投稿に対する”いいね”数が100以上がコンスタントに発生できるならば、そのSNSは情報拡散能力があるSNSアカウントと言うことが言えるでしょう。
※SNSで強力な発信者になるためには、フォロワー数が数千以上、投稿に対する”いいね”数が100以上がコンスタントにもらえるようになることが重要です。SNSで成果をあげるには、先ずフォロワー数(Youtubeでは登録者数)を数千以上、確保し、その数千以上のフォローを常に見ていただけるように、頻繁に閲覧者に興味をもって頂ける投稿を出し続けることです。
つまり、基本的にはSNS全般はGoogle検索の上位表示は期待できないということです。
それでは、WEBサイトのSNS連動は無駄なのか?というと、無駄ではなくSNS連動での情報拡散に意味があり、その結果として、WEBサイトへの訪問誘導を実現するということで、意味があるということです。
つまり、SNS主導の仕組みで検索上位を狙うのではなく、WEBサイト主導でSNS連携で強化するという方法が正しいと言うことです。

WEBサイトSEO対策のあるある

『結論:本当に活きた参照記事の被リンク(ナチュラルリンクという)は有効です。』
逆に、活きていない単なる紹介リンクは評価を逆に落とす可能性があり、お勧めできません。
過去のSEO業者は、被リンクを増やすことを推奨していた時代がありました。 (ひょっとしたら今も?)
虚偽のアクセスカウンター数と同じで、虚偽または形式だけの被(紹介)リンクは評価されません。
逆に評価されないだけでなく、無駄に多数の被リンクをつけると虚偽の行為としてペナルティを受ける可能性があるので、絶対にやってはいけません。 ちなみに「ナチュラルリンク」というのは、自然な形で元コンテンツをきちんと紹介している記事に設置された紹介リンクのことです。
元記事に対する関連記事なども自然なので有効ですね。
※間違っても、SEO業者から被リンクを購入するという行動はとらないでください。その行動は検索サイトから”ペナルティ”を受ける可能性があります。
『結論:速やかにSSL暗号化のhttps://***に移行しましょう。』

昨今、フィッシング詐欺やサイト偽装などで詐欺事件が増えて、一般のWEBサイトも被害が出始めています。
また、http://の様にSSL暗号化されていないサイトを表示した場合、シェア約50%のGoogle Chromeブラウザでは「保護されていない通信、または危険」と表示され、WEBサイト訪問者は危険を感じてWEBサイトの閲覧を控えるようになりますので、WEBサイト訪問者が大幅に減る可能性がありますので、SSL暗号化のhttps://***に移行されることをお勧めします。

以下はGoogle公式ページの内容です。
サイトの接続が安全かどうかを確認する

また、 URL冒頭に「wwwあり、なし」の両方でアクセスされてもWEBサイトが情報提供できるようにしないといけません。
※スマホなどでは、指タッチのため短いURLが推奨されていてwwwなしが普通になっています。

現状では、パソコン・スマホの両世代に安全にWEBサイト閲覧してもらうために、http:// と https:// の2種類、そして「wwwあり、なし」の合わせて4種類でWEBサイトに訪問されても正しく暗号化されたWEBサイト表示されるようにするべきです。
ここまでの記事は、現在のネット界における最新情報から幾つかの重要ポイントをご紹介しました。

投稿者側の一方的な発信は、閲覧者のニーズ・ウォンツにマッチしないため、多くの閲覧を獲得し真剣に記事を読んで頂けない状況が発生します。
※閲覧者が必要とするニーズ・ウォンツにマッチした情報は、必要に応じて閲覧されますが、情報拡散して広く広報することはできません。

著名な「ブログやYoutubeの発信者」が以下の様に記事に書いています。
コメント欄を閉鎖は、サイトの死と同じ、コメント欄を閉鎖するということは、沢山の人に情報を見てもらい、情報共有するための交流を拒否することであるため、コメント欄を閉鎖するのであれば、サイトを閉鎖すべき!
かなり過激ですが、彼が言う意味は、沢山の人に情報を伝えるはずが、一方的な情報発信で閲覧者が見る見ないということにまったく興味を持たないことは、発信して広めるということに対して矛盾しているということを言っていると思います。
前項で「WEBサイトの視聴率調査は無理?」という記事のとおり、発信記事の視聴率調査は可能でありIT業界では普通に行われている作業となっています。
古くからの作業結果が眼で見える建築・土木業務とは異なり、ネット発信では発信しても成果を測れないというのは過去の話であり、いまは、当たり前のように運用されている特別ではない「通常作業」となっています。

前項の「WEBサイトの視聴率調査は無理?」という記事にて、WEBサイトの投稿者(特に運営者)は、投稿発信した記事の視聴率調査を行うことで、視聴率が目的に達しない場合は、発信方法を改善するなど対策を考えるという行動を繰り返すことで、大量の閲覧者を獲得するWEBサイトへと成長させていくという、とても地道で面倒な活動を継続することで、その努力と汗の結果で大量アクセスのWEBサイトを育てています。

この行動は、受験に臨む学生が志望校に合格するために、模擬試験で必要な偏差値を獲得するべく、継続して努力するという行動に似ています。

実際に、ネットでの視聴率改善のためには「閲覧者のクッキーまたは会員登録(WEBプッシュを含む)」「発信のABテスト」「コンバージョン計測」「徘徊ルート調査」「アクセス分析」など、目的達成に必要なツールは、揃っていますので、あとは”現在の常識”の壁を打ち破って、本当に閲覧者が望む発信へと一歩ずつ近ずく行動の継続が重要と思います。
ネットを取り巻く環境や技術は、専門家でも付いていくのが必死と言うほど、その変化と進化はすさまじいものがあります。
つまり、ネットでは”常識”があっても、数年もしないうちに”常識”が”非常識”になるため”常識”という概念は通用しません。
多くの業種、特に古くからある職人等の世界では”経験”が、とても重要で、その経験に基づいた”知識と常識”が大切ですが、ネットでは、その”経験と常識”が逆に進化を拒否し、ネット界の進化についていけないということが多く発生しています。

気に入ったらシェアしてください。

Facebook
Google+
Twitter

Copyright © 野田情報サイト All Rights Reserved.